20150830 帰宅困難者避難誘導訓練

ホ-ム


地下鉄山科駅、JR山科駅、京阪山科駅からそれぞれ20名の帰宅困難者がラクト公園に誘導されて来た
 
帰宅困難者は京都国際交流協会が募集したボランティアで全員が外国人です。
 
京都市職員が避難場所(毘沙門堂)への移動開始を指示
 
帰宅困難者を毘沙門堂に誘導  途中、旧3条街道、琵琶湖疏水等の説明を行う。
 
毘沙門堂下で、帰宅困難者の人数を報告 地震体験車も待機していた。
 
日本語、英語、中国語で訓練内容の説明を行う
 
本殿前まで移動
 
消火役、重要物品搬出役、逃げ遅れ役を募る。
 
本殿から突然火災発生
 
本部が作業を指示            逃げ遅れが連れてこられ保護
 
 
重要物品搬出役が、襖絵、仏像を搬出

消火役が消火訓練 
 
最後に門川京都市長から激励のお言葉を頂戴して訓練を終了した。
 
 今回の訓練は外国人の参加が多く、参加者はこのあと毘沙門堂の内部が案内された。
 
彼らにはこの訓練はどのように見えただろうか。 彼らにも良き体験だったと思います。

ホ-ム