自治連合会研修会     20120526           安朱学区保険協議会との共催
今回の研修会は 「弁当ミーティング」「講演会」「 介護保険制度」の3部構成で、自治会館で開催
 5つのテーブルには7人ずつ座り、弁当を食べながらのミーティングとなった。
 
 自治連合会長  社会福祉協議会長  山科区長  山科警察署長
 
 山科消防署長  まちづくり推進課長  支援センター田中氏  ふるさとの会浅井氏
 お休みのところ安朱学区の研修会にご参加頂き、誠にありがとうございました。
御挨拶のあと、各テーブルにお付き頂き、地域の懸案事項を中心に、ミーティング致しました。

第一グルーブ(第1ブロック)には山科区長に座って頂き、弁当を頂きながらこんなことを話し合いました。
JRから北には消防車が入るのが困難であり、地蔵盆時の火災対応を考えておく必要がある。
市管理道路の街路樹が、宅地開発で不用意に伐採さえることがない様に、事前協議が必要。
観光シーズン 疏水安朱橋周辺には沢山の人がくるが、周辺にはトイレがない、早急に検討要。
観光客誘致を言われるが、トイレやゴミ箱すら無い現状では観光客が増えても、迷惑である。 
 
 
講演会は「ふるさとの会」浅井様に「山科の歴史と安朱地域(年表)」を資料に 配って頂き、
縄文時代から平安時代に至る山科の生立ちや、江戸時代に安祥寺村と朱雀村が合併して
安朱村が出来たなど、全く知らなかった安朱の成り立ちのお話を聞くことが出来ました。
 
 明治14年の安朱村の戸数は本籍87戸、寺7戸、人口396人、牛馬28頭、荷車10輌
茄子100荷、松茸30貫が京に輸送、など珍しい資料が報告され、興味深く聞かせて頂きました。
 
 大正元年の京津電鉄の開業は、電車が走った以上に、山科周辺の電化に役立ったとのこと。
そのほか、知らなかった山科の歴史を沢山お教え頂き、大いに勉強になりました。 有難うございました。
 
そのあと、 地域包括支援センターの田中氏による「介護保険制度」についての説明を受けた。

すこやか会  まち美化作戦  安全・安心パレード  夏まつり  ふれあい広場  体育祭  陶灯路  時代祭り  義士まつり  餅つき大会

互礼会  防災訓練  救急救命講習会  おむすびミーティング  区民フォーラム  夜の交通安全  エコドライブ  ごみ減量ECOバスツアー

ホ−ム